芸能

 AKB48の主要メンバーとお笑い芸人が都内の飲食店で食事する様子が、「週刊文春」2014年1月30号(首都圏では1月23日発売)で写真付きで報じられています。
文春記事によると、会合に出席していたのは、AKB側が「総監督」こと高橋みなみさん、大島優子さん、小嶋陽菜さん、峯岸みなみさん。お笑い芸人側は、吉本芸人の平成ノブシコブシの吉村崇さんとピースの又吉直樹さんに加えて後輩芸人らが参加したとのことです。

 「週刊文春」発売の2日後の1月25日、大島、高橋、小嶋は、都内で行われたアルバイト求人サイト「バイトル」の新CM発表会見に登場し、囲み取材の場ではマスコミから合コンについての質問も飛んでいたという。
大島さんは「共演者として一緒にご飯に行っただけです。芸能界の先輩でお世話になっている」と笑顔で話し、高橋さんも「普通に食事しただけ。合コンにあんなジャージで行きませんよ!」と冗談交じりに“合コン”であったことを否定。和やかムードで会見は終わったというが、会見後には高橋さんらの所属事務所・プロダクション尾木氏から「合コンに関する発言の部分は使わないように」と各社にお達しがあったという。

 合コンを否定している内容なのになぜ事務所側はこのコメントを使わないように指示したのだろうか?逆に「合コン」があったという疑惑は増すばかり。

 この対応は事務所がAKBサイドにしっぽを振った対応ぶりのせいでしょうが、AKBサイドにしても、大島さんや柏木由紀さんらのデート報道に関してはAKBの幹部はこれを無視しつづつけたのに、指原さんや峯岸さんのデート報道には厳罰を科すなど、不公平と思われてもしょうがない対応ぶりには疑問を持たざるを得ません。

 芸能界の大きな力があれば何をやっても許される、力で揉み消すというスタイルは今も昔も芸能界ってダーティなんだなーと改めて思ってしまいます。

 どうせ就職するなら、もっと清いまじめな社会・会社がよいですね。

「指原センター支持しない」42%、「指原の順位意外」55%

これがネットでの投票結果だと言います。たしかにAKBから左遷されたスキャンダルな女性が1位になったことへの憤りを感じているファンの人も多いようです。

政治家の選挙であっても、得票率を一番集めた人がその人に投票しなかった人からも好感をもって受け入れられるかといえばそうではないでしょう。

大島優子さんや渡辺麻友さんなら納得のファンも指原さんはやめて欲しいと思う人は少なくないでしょう。

しかし、選挙というのはそういうもの、と割り切るしかないのでしょう。そして指原さんが1位になったことはこの投票の開票には不正はなかったという表れなのでしょう。

しかし、今更ながら、仲間同士として歌っている者同士をライバルとして争わせるという手法には残酷さを感じます。お互いを讃えながらもライバル心をたたき込むやりかたを潔しとしない人もいる訳で、そういう人は立候補すらしなかったり、卒業して行ったりするのでしょう。

もし、こういう総選挙の制度がジャニーズ事務所にあったら、本人たりよりファンのほうが大変なのではないでしょうか?ファン同士がかなりいがみ合うようなことにも成りかねないように思います。

とはいえ、1つのアイドルユニットの中で1位の座を争う・・・そしてその番組が4時間半の生番組で放送されて高視聴率を得てしなうのですから、日本はなんと平和で脳天気な国なんだろうと改めて思います。

ランキングボタン

最近のコメント

    アクセスカウンター

    • このページのトータル訪問数 : 18
    • 今日の訪問数 : 10
    • トータル訪問数: 640

    ブログパーツ


    • SEOブログパーツ

    相互ping