売れている物が最高の品質という神話

朝はいいお天気だったのに、だんだん曇って風も強くなって来たようです。明日から11月・・・。今年もあと2ヶ月ですね。

グッチ 長財布 中古美品 | カルニチンダイエット 送料無料 | 大人ニキビ 送料無料

さて、今日は商業哲学のようなことを書いてみたいと思います。

あなたはよく売れてる商品というのは人気があるから売れていると思いますか?普段の買い物を思い出してみてください。たとえばスーパーでの買い物をするとしましょう。あなたは普段よく買い物をするスーパーマーケットはどのような理由で決めていますか?
1,自宅あるいは職場の近くだから。2,駐車場が広いから。3,安いから。4,ポイント制度があってポイントを貯めると還元やポイントに応じた商品がこらえるから。5,品質がいいから。6,クレジットカードで買えるから。・・・いろんな理由はあると思います。今まで挙げた理由が複数当てはまる場合もあるでしょうし、全く当てはまらない場合もあると思います。
理由はひとそれぞれ違うと思います。ただ行くスーパーによって品揃えはまちまちで、Aというスーパーに売っていてもBというスーパーにない物、逆にBにはあってもAにはないもの、AにもBにもあるが、価格がAのほうが安いもの、逆にBのほうが安いもの、様々だと思います。

骨盤ベルト 送料無料 | おいしい ブルーマウンテン 送料無料 | グッチ 長財布 新作 | メンズ 男性用スニーカー 通販特価

AでもBでも売っている商品は人気がある商品と思えるかも知れませんが、そうとは限りません。
たとえばその商品が“XYZラーメン”という名前のインスタントラーメンだとしましょう。
“XYZラーメン”が大きな会社が製造しているおすすめ商品でテレビなどでよく宣伝している商品であれば、AでもBでも置いてあるのは当然とも考えられます。
しかし、この“XYZラーメン”5袋入りがAでは398円で売っているのに、Bでは298円で売っていたとした場合、その価格の差はどこにあると思いますか?
いろんな理由が考えられますね。
たとえば、Bというスーパーがチェーン店で、大量仕入れで仕入れ値がAより安い場合には安く売ることも可能です。
逆にAよりBが小規模のスーパーであっても、メーカーがBへの販売実績が少なく、これから沢山扱ってもらいたいために卸価格を安くするとか、売り上げに応じてバックマージンを払うような契約をしていればBはAより安くして商品を売ることが可能です。
他にもBが特価日の目玉商品を“XYZラーメン”として、利益を少なくしても買いに来てもらって、ついでに他の物も買ってもらおうと企て、お値打ち商品にしている場合だってあるでしょう。

当然、“XYZラーメン”が大手の会社が作っている物ではなくてもAでもBでも置いてある場合はあります。
地元の会社が作っている物であれば、置いてある可能性が高いでしょうし、そうでなくても評判が高いラーメンであれば置いてある可能性は高いでしょう。

ただし、“XYZラーメン”がよく売れているとしても、それが必ずしもおいしいからという理由でない場合もありえるのです。
たとえば“XYZラーメン”がよく高い商品などがもらえる懸賞付きのキャンペーンをやっていれば、その懸賞の景品を目当てに買う人が増える可能性があります。
また人気のある芸能人が「“XYZラーメン”は私の大好物」などと公共の場で発言したとすればそれがCM効果で売れる可能性が高くなります。
またメーカーの営業の人が熱心で、お店の目立つ場所に“XYZラーメン”を陳列するような活動をして、それが認められれば、より売れる可能性があるのです。

他にも、“XYZラーメン”をメーカーがわざと1ヶ月の製造量を限定して出荷量を抑えるようなことを行ったような場合には“XYZラーメン”は幻のラーメンという評判になり、プレミアムの価値がつくようなこともあり、それを意図的に行っているようなことも考えられるのです。

食べ物屋が繁盛しているように見せるために、わざと狭い店舗にして、行列を作らせるような戦略も、自分のお店がおいしいと評判にさせる手法のひとつだったりするのです。

二重 ローヤルアイム 送料無料 | カルティエ 腕時計 新型 | エルメス バッグ 中古美品

このように、“XYZラーメン”がおいしいラーメンだからよく売れているとは限らないというのが、マーケティングの不思議なところです。
以上述べて来たことは、実際の店舗の商品のことですが、インターネットで商品を売る場合にも、似たような操作が行われていることも少なくありません。
ネット上で時々みかける「SEO」という手法も、YAHOOやgoogleなどの検索エンジンで上位にキーワードを表示させることで、その商品などが人気があると思わせるための施策であり、販売戦略の大きな手法となっている訳です。

ランキングボタン

最近のコメント

    アクセスカウンター

    • このページのトータル訪問数 : 4
    • 今日の訪問数 : 17
    • トータル訪問数: 429

    ブログパーツ


    • SEOブログパーツ

    相互ping