平和憲法が子どもの頃はほこりだったのに・・・

ついに、集団的自衛権の行使が安倍内閣の閣議で承認されたそうだ。

レディース 女性用腕時計 ウォッチ グッチ カルティエ ブレゲ エルメス ブルガリ セイコー シティズン カシオ 通販特価 | DHC プロテインダイエット 送料無料 | ワンピース 送料無料

それにしても、おかしなお話だ。政府は憲法を遵守する義務を負っていると、憲法で規定されているのに、改憲もしないで時の内閣が他国を守るために戦争できると憲法の解釈を曲解してしまうとは、日本国憲法が制定されて以来の一番の暴挙と言えるだろう。
更正憲法は憲法を改正するのは困難だから、たとえば自衛隊をおくような時には、法律的にいうと「憲法の変遷」という考え方で、自衛隊は憲法9条に反しないと解釈されるようになったのだ。

スギちゃん 流行語大賞 | ジュエルペット おもちゃ プレゼント | ジェルネイル 送料無料 | アスタキサンチン 送料無料

私が子どもの頃は、日本の憲法が「平和主義」を貫くために、戦争放棄を規定しており、世界の恒久的な平和をこころより望んでいるとしていることに誇りを持っていた。

レディース 女性用スニーカー NIKE Addidas PUMA Converse 通販特価 | A3カラーレーザープリンタ/複合機 エプソン キヤノン リコー ゼロックス OKI 通販特価 | 初心者を脱出しないとFXは稼げない

その意味からすれば自衛隊すら、違憲とも言えなくはないけど、日本の周りには、中国や北朝鮮のような無謀な国もいるから、自衛権くらいは認めてもいいように思う。しかし、憲法9条がある以上、他国を守るために戦争ができるというのはあまりにも身勝手な解釈と言えるだろう。安倍総理大臣は「集団的自衛権」は権利であって義務ではないと言うが、戦争をできるようになった日本が同盟国のアメリカが戦争する時に、「義務ではないから、今回は自衛隊は派遣しません」などと言えば、それこそ薄情者と叩かれるだろう。安倍総理大臣は日本史に悪名高い名前を刻んだことになる。今後、日本人の多くの兵士が銃弾で、爆撃で倒れた時、彼らの家族が真っ先に恨むのは、安倍総理大臣ということになるだろう。

ランキングボタン

最近のコメント

    アクセスカウンター

    • このページのトータル訪問数 : 7
    • 今日の訪問数 : 17
    • トータル訪問数: 429

    ブログパーツ


    • SEOブログパーツ

    相互ping