ご注意ーGoogle Playで詐欺アプリ急増

シマンテックが、Google Play上に日本語のワンクリック詐欺アプリが急増しているとして、同社オフィシャルブログ上で利用者に注意を呼びかけています。同ブログ上では新たな詐欺の手口についても説明しています。

そのシマンテックのブログによると、今年に入ってからGoogle Playでアダルト動画などに興味あるユーザーを誘い込み、有料サービスに登録させようとする日本語ワンクリック詐欺アプリが急増しているとのことでです。

 その数は最近で約700におよぶとのこと。詐欺アプリの大半は公開当日に削除されるものの、別アカウントで詐欺アプリを公開して再び削除しており、イタチごっこのようになっているようです。
 特に週末に公開されたアプリには、ダウンロード数が3桁まで伸びるものもあると言います。詐欺アプリの公開デベロッパーは、一人でも多く欺くことで実入りが多くなるため、多くの開発者アカウントを作成し、詐欺アプリを増やしているという現状にあると言います。

アプリ内のサイト表示については、これまで、典型的なワンクリック詐欺アプリでは、アプリ内でクリック詐欺へと誘い込むアダルト関連サイトを表示していたのですが、新たな詐欺アプリでは、個人情報(Google アカウント、電話番号、国際移動体装置識別番号(IMEI)、Android ID、機種の詳細情報など)を盗み出すアプリをホストするサイトが表示されるように巧妙さになっているとか。

アプリ説明ページのキーワード表示については、かつてはアダルト関連のキーワードだけを記載していたので判別しやすかったものが、新たな手口として、無関係なキーワードをアプリ説明ページに列挙しており、アプリを探しているユーザーが詐欺アプリを偶然見つけてダウンロードしまうケースもあるのが厄介になって来ています。これらのアプリの大半はアプリタイトルがアダルト風のものになっているようでが、なかにはランダムな名前のアプリも存在するというから、対策や予防も本当に厳しいですね。

詐欺犯罪を行う人々はそんな頭があるなら、もっと真っ当な仕事をすれば世の中の役に立って、人々に喜んでもらい、しかも儲かるようなことになると思うのですけどね。
悪のはびこる試しなし。

ランキングボタン

最近のコメント

    アクセスカウンター

    • このページのトータル訪問数 : 7
    • 今日の訪問数 : 4
    • トータル訪問数: 470

    ブログパーツ


    • SEOブログパーツ

    相互ping